採用サイト トップ > 仕事と人を知る > カメラマン 米本有紀彦

カメラマン 米本有紀彦

キャリア

2011年 12月 制作チーム Web運営担当としてアルバイト入社
2013年 4月 社員昇格
2013年 5月 カメラマンとして撮影業務兼任
2014年 2月 伊勢丹ポップアップストア 立ち上げに参画
2014年 3月 制作チーム・リーダー昇格
2014年 10月 京都店 運営補助一部兼任
2014年 11月 オウンドメディア ライター兼任
2015年 6月 広告運営チームを兼任
2015年 7月 東京店立ち上げに参画
2016年 2月 現在に至る。

マガジン:https://www.receno.com/pen/author/よねもと/


Q.入社何年目ですか?

入社したのが2011年12月なので、2016年2月現在で4年3ヶ月となります。

Q.前職は何をされていましたか?

前職は、飲食業界に勤めていました。
京都オフィスからほど近い、ぎょうざ屋さんです。

Q.入社のきっかけは?

前前職で、ウェブ業界に勤めていましたが、なかなかハードな業界で一度挫折してしまったんです。
なので過去に経験のある飲食業界に一旦戻りましたが、やはりウェブ業界で働くことへのあこがれが強く、再度チャレンジしてみようと思ってフレーバーに応募したのが入社のきっかけです。

Q.入社時のスキルレベルは?

勤め始めた当初は、散々でしたね。
過去にウェブ業界での経験があったとは言え、制作会社だったのでECサイトの運営は初心者も同然。右も左もわからない未熟者でした。

商品紹介のライティング、画像のレタッチ、何をやっても修正ばかりで中々上達せず、苦戦の日々が続いていたのを覚えています。

ですが、そんな日々にもめげずチャレンジしているうちに、社内で目標となる先輩ができ、その方にライティングやレタッチなどを教わり、今に繋がっています。

その当時は、できないことが悔しすぎて、毎日仕事終わりに先輩に相談にいってはアドバイスをもらって、自宅に帰ってからも勉強していました。

続けているうちに少しづつでも、できることが形になっていくのが楽しかったですね。
今では、撮影やコーディネートの仕事も担えるようになり、制作チームのリーダーとして任せていただけるようになるまで成長し、現在に至っています。



Q.入社してから現在までどんな仕事を経験しましたか?

フレーバーは、所属部署以外の業務にもチャレンジさせてくれる会社なので、入社してからは、様々な仕事に取り組んできました。

私がフレーバーで経験した仕事を振り返ってみます。

▼制作業務

・サイト全般の更新作業
・サイトへの商品掲載作業・撮影アシスタント
・撮影・特集コンテンツの企画、運営
・楽天やYahooのモール店舗の管理、運営
・フレーバーコーポレートサイトの制作
・ウェブマガジンの投稿

▼制作業務

・京都伊勢丹の催事への出店準備と接客
・京都店、東京店の立ち上げ準備・店舗での接客
・広告関連業務やマーケティング

所属部署の業務はもちろん、それ以外の業務にも機会があればチャレンジできるのも魅力に感じています。
変化を楽しみながら様々なことへチャレンジできるので、仕事への充実感はとてもありますね。

Q.いままでに印象に残っているできごとは?

印象に残っているできごとも結構あるので、いくつかご紹介させていただきます。
まずは、京都店の立ち上げです。

私が入社して1年8ヶ月後の2013年8月に当社で初となるリアルショップを京都にオープンしました。
その時は、インテリアのEC事業からスタートした会社が、リアルショップを出店すことができるということへの凄さに驚いたことが、とても印象に残っています。

さらに、京都伊勢丹で開催した催事への出店。これも印象深いできごとでした。
3週間弱という短い期間でしたが、最高の状態でお客様を迎えることができるようにと、チーム一丸となって準備したことへの取り組みが印象的でした。

皆で同じ方向を向いて一つの形にしていく、チームワークの素晴らしさがなんとも言えない素敵な経験でしたね。
その他にも、東京店オープン準備のことや、スタッフの自宅での商品撮影、ガーデン家具を撮影するときに行った屋外撮影など、振り返ってみると、本当に印象に残ることの連続でしたね。

こんな感じで、私にとって印象深い経験が多いフレーバーでの仕事ですが、そんな中でも一番印象に残ったできごとがあります。それは、家具を生産している工場への海外視察です。

お恥ずかしい話ですが、私はこの時まで海外へ行った経験がありませんでした。
もちろん仕事以外のプライベートでもです。なので、この時は正直嬉しさ半分、驚きもありましたね。
まさか仕事で海外へ行けるなんて、本当に想像していなかったからです。

という具合で、今日まで印象に残ることの連続で、この先もどんなことへチャレンジできるか楽しみです。

Q.現在の1日の仕事の流れを教えてください。

 
9:30 ちょっと早めに出社し、1日の流れを確認
9:40 メールチェック
9:50 全体朝礼
9:55 チーム内で一日の業務スケジュールを共有
10:00 個人作業(撮影、サイト更新、打ち合わせなど)
15:00 ちょっと遅めのランチ休憩(その日の作業バランスをみてランチの時間は変えています)
16:00 その日に撮影した画像のチェック
16:30 特集コンテンツ用の動画編集
18:00 その日に撮影した画像のチェック
19:00 明日の予定確認
19:15 残りの案件対応
19:30 退社

Q.他社になくて、Flavorにあるものとは?

フレーバーには、インテリア販売のプロとしての厳しさと拘りがあります。

会社としてのルールはもちろんですが、サイトに掲載する画像、文章、デザインなど、どれを取っても妥協がなく、しっかり自分たちが納得いくものをリリースしています。

売上だけを重視した薄利多売なスタイルではなく、自分たちのブランドを好きでいてくれるお客様を裏切らないためにも、厳しさと拘りをもって業務を遂行していくところがフレーバーの魅力に感じます。

厳しさは一見、辛そうなイメージに捉えられがちですが、そういう環境で経験を積むことで、間違いなく自分の次のステップへ繋がると感じています。

少なかれ私自身が、入社した当初に比べて、想像もしていなかった様々なことへチャレンジすることができ、自分自身の成長へ繋がっていることを実感しています。

フレーバーでは、前向きに成長したいと願っている人なら、しっかりチャンスを与えてくれるので、自分の力を存分に発揮できる環境があります。

その反面、足りない部分は研鑽を重ね、自分の成長を楽しめる人でないと大変だと感じてしまう部分もあるかもしれません。

Q.将来は、どんなことをしたいですか?

近い将来の目標としては、EC事業部にとどまらず、インテリアの楽しさを全国に広めるための活動に幅広く貢献できるように、様々なことにチャレンジしていきたいです。