会社サイト採用サイト仕事と人を知る > 京都店店長 関翔太朗

京都店店長 関翔太朗

キャリア

2012年 7月 カスタマーチームとしてアルバイト入社
2013年 8月 京都店オープン時にカスタマーチームから店舗スタッフへ異動
2014年 8月 社員昇格
2015年 8月 京都店 店長 就任

マガジン:https://www.receno.com/pen/author/せき/


Q.入社何年目ですか?

入社したのが2012年7月なので、2019年現在で7年程になります。

Q.前職は何をされていましたか?

前職は、アパレルや装飾品を扱うショップで販売や買い取りを主に行っていました。
メンズからレディース、カジュアルからモード、貴金属や手袋を付けないといけない高級時計まで、幅広いアイテムを査定していましたので、ジャンルや相場という部分は大変勉強になりました。

Q.入社のきっかけは?

元々人と接するのが好きで、店頭でのお客様対面の仕事をしてきました。
しかし、しばらく続けるうちに、一度オフィスワークをしてみたいなと思い、インテリアにも興味があったので、リセノに応募しました。

Q.入社時のスキルレベルは?

オフィスワークは初めてだったので、一人1台PCがある環境がすごく新鮮でした。

前職でもPCは少し触っていたので、簡単な操作などはそこまで苦労すること無くできましたが、今までの対面と違って、お電話口でお客様としっかり話すという事が少なかったので、その感覚の部分を馴染ませるのに少し苦労した記憶はあります。

インテリアに関しては、最初は素人同然で、前職で少しアパレルには携わっていたので、オシャレは好きでしたが、家具や暮らし、ライフスタイルまで考えるという事はあまり無かったので、その点では入社時からすごく勉強させて頂きました。

Q.入社してから現在までどんな仕事を経験しましたか?

入社当時のカスタマーチームでは、PCでの受発注業務からお問い合わせ対応、お電話での対応、店頭に移動してからは、店頭接客、法人様とのやり取り、売り場作り、発注業務、SNSやウェブマガジンでのライティングや撮影、植物の仕入れ、展示会への出張参加、シフト作成や社内懇親会の幹事など、仕事やそれ以外の部分でも様々な事を経験させて頂きました。

中でも、店舗に移動になってからは、特に様々な事を勉強させていただき、今でも日々勉強という毎日を送っています。

Q.いままでに印象に残っているできごとは?

2017年11月に店舗へのお問い合わせをきっかけに、介護老人保健施設への3Dコーディネート依頼の件です。

気持ちの面では大小計る事はできませんが、ワンルームやちょっとしたコーディネートとは違い、徐々に案件の大きさを痛感し、初めて施設様へのご提案だったので、色々と勉強する事がありました。

最終的には納品やオープン日にも立ち会い、皆さまから、「すごく良い空間でスタートを切る事ができました!」と、笑顔で仰って頂けた事が今でも鮮明に覚えています。

Q.現在の1日の仕事の流れを教えてください。

 
09:30 引継ぎ確認、メールチェック
10:00 オープン準備、清掃、グリーン手入れ
11:00 銀行周りから戻り次第、店頭での接客
12:00 遅番出勤後、朝礼
12:15 店頭での接客や事務作業
13:00 休憩
14:00 3D作業や後輩スタッフの提出物添削チェックなど
16:00 メーカー様とのやり取りやスタッフとの打ち合わせ
17:00 社内ミーティング
18:00 配送の出荷確認
19:00 明日への引き継ぎや確認
19:15 退社

Q.他社になくて、Flavorにあるものとは?

本人の気持ちをすごく尊重してくれる会社だと感じています。
何事も結局は自分のやる気次第だと思うのですが、やりたい!と思った事はある程度承認いただけ、「まずはやってみる」というチャレンジを、今までにも幾度とさせていただきました。
結果を後追いし、何が良くて何がダメだったか?という部分も、上司や先輩にフォローいただきながら、しっかりと勉強させていただき、とても感謝しています。


仕事と人を知る
- スタッフインタビュー
- キャリアパスについて