会社サイト採用サイト仕事と人を知る > カメラマン 濱田 真也

カメラマン 濱田 真也

キャリア

2015年 7月 学生時代に東京店オープニングスタッフとしてアルバイト入社
2017年 2月 就職のため退社
2019年 1月 制作チーム 撮影アシスタントとしてアルバイト再入社
2019年 4月 社員昇格
2019年 7月 ライター兼任
2019年 10月 動画チーム兼任

Q.入社何年目ですか?

2019年12月現在で、8ヶ月です。

Q.前職は何をされていましたか?

前職はコーヒー器具を販売する営業職です。
学生時代には、東京店のスタッフとして働いていました。

Q.入社のきっかけは?

大学生の頃に、アルバイトをするなら好きなインテリア業界が良いなと思っていたところ、東京店オープンのタイミングとたまたま重なり応募しました。

アルバイトとして採用していただきましたが、卒業後、コーヒー器具の会社に就職し、リセノの環境が素敵だっとことや、自分が本当にやりたいことを仕事にしたいという思いが強くなり、出戻りというかたちで入社させていただきました。

Q.普段どのようなお仕事をされているのですか?

主な業務は商品ページに掲載するための、撮影業務です。

撮影から、コーディネート、撮影用サンプルの管理や撮影スタジオの整頓などです。また、画像のレタッチや、商品紹介のライティングなども行なっています。

Q.撮影をする時、どのようなことを心がけていますか?

まずはお客様が第一で、商品の使用感をより具体的に想像していただけるようなコーディネートを心がけています。

また、カメラマンがスムーズに撮影できるよう、気を配りながら常に前もって行動するようにしています。

Q.いままでに印象に残っているできごとは?

新たなリセノの取り組みとして、動画コンテンツのプロジェクトが立ち上がりました。そのプロジェクトリーダーに抜擢されたことです。

Q.現在の1日の仕事の流れを教えてください。

         
09:00 少し早めに出社。植物の水やり、スタジオ清掃
09:50 全体朝礼
09:55 チーム内での共有事項確認
10:00 撮影(商品ページ用撮影補助、動画撮影)
15:00 商品情報収集、システム登録
16:00 個人業務(画像補正、ライティング、動画編集)
18:00 撮影サンプル管理
19:00 終礼
19:15 明日の予定確認
19:30 退社

Q.リセノで仕事をしていて、やりがいや面白さを感じるのはどんな所ですか?

リセノは商品の企画から撮影、編集、商品アップやサイトのデザインまで自社で行なっています。

スタッフがモデルとして撮影に参加したり、オフィスの壁や床なんかも自分たちの手で塗ったりと、とにかく自分たちで楽しみながら、なんでもやってみようという会社です。

前職は、個人が行える業務に制限がありましたが、今では本当にたくさんの業務を任されています。いろいろなことに挑戦ができるフレーバーはとても魅力的だと感じています。たくさんのことを任せていただける反面、責任も伴いますが、やってやろう!と意気に感じて日々の業務を行なっています。

Q.将来は、どんなことをしたいですか?

わずか数ヶ月間で自分自身、驚く程スキルアップしていると実感しています。これからも、インテリアの楽しさをより多くの人に感じていただけるよう、常に新しいことへ挑戦し続けていきたいと思っています。


仕事と人を知る
- スタッフインタビュー
- キャリアパスについて