会社サイト採用サイト仕事と人を知る > 東京店スタッフ 江上慈香

東京店スタッフ 江上慈香

キャリア

2015年 7月 東京店オープニングスタッフ・アルバイトとして入社
2016年 10月 社員昇格

Q.入社何年目ですか?

2015年7月の東京店オープンと同時に入社したので、2019年12月現在で4年5か月目を迎えます。

Q.前職は何をされていましたか?

大学4年生の夏、アルバイト入社しました。

Q.入社のきっかけは?

就職活動中に、ちょうど東京店のオープニングスタッフを募集している広告をみて、フレーバーという会社を知りました。

就職活動は、異業種に絞り、行っていたのですが、たまたま見つけたRe:CENOという存在に、ビビビ!と来て、インテリア業界は未経験ながら応募しました。

大学では、心理学を専攻していて、人の居場所づくりに興味を持っていたこともあり、Re:CENOの、デザインの美しさだけではなく、長く心地よく過ごすためのモノ作りが、とても素敵だなと思いました。

Q.入社時のスキルレベルは?

大学時代は、焼肉屋さんでアルバイトをしたり、手作りウェディングを企画する企業のインターンに参加したり、接客の経験はありましたが、インテリアのお仕事は、初めてでした。

Q.入社してから現在までどんな仕事を経験しましたか?

店舗スタッフのため、接客がメインとなりますが、お客様の生活に合った家具をご紹介し、購入のお手続き・お手配をさせて頂くだけでなく、

・3Dコーディネート提案
・お店のレイアウト・ディスプレイ作成
・商品選定
・SNS発信

など、お店作りの全てに関わります。

SNS発信では、一眼レフでの撮影・スタイリング・写真補正・文章作成までを一貫して行います。

各スタッフの得意や好きを活かした担当業務もあり、新しい企画を考えたり、常に変化があって、とてもワクワクします。

Q.いままでに印象に残っているできごとは?

3Dで、お客様のお住まいをコーディネートさせていただくことがあるのですが、ご提案した内容を気に入ってくださり、メインの家具だけでなく、細かな雑貨アイテムまで全てをトータルで、ご購入いただけた時は、とても印象深かったです。

私たち店舗スタッフは、経験を重ねるごとに、知識やアイデアを培うことができますが、お客様は、その時の自分の精一杯のご提案の中で、1年2年と、毎日を過ごされるかもしれないと思うと、やりがい以上の責任を感じます。

Re:CENOでは、とくにご夫婦やご家族でのご依頼が多いのですが、変化していく生活の中で、どんな時でも、そこで過ごす人たちに寄り添えるような、温かみのあるご提案を心がけています。

例えば、お子様が大きくなったら‥?

そしたら、育休中の奥さまは、復職してきっと今以上に忙しい毎日を送るかもしれない。
そしたら、なるべく、お家に帰ってきた時の家事の負担を減らせるように、生活動線は、こうしよう!
‥いやいや、お父さんやお母さんより、お家に帰ってくる時間が早いお子様が、自然とお手伝いをしたくなるように、カゴの使い方も合わせて、ご提案してみようかな‥など、想像を膨らませながら、作成しています^^

Q.現在の1日の仕事の流れを教えてください。

09:40 引継ぎ確認、メールチェック
10:00 オープン準備、清掃、グリーン手入れ
11:00 ご連絡が必要なお客様へTEL連絡
12:00 遅番出勤後、朝礼
13:00 休憩
14:00 ルーティーン業務(店内清掃・植物状態チェック・カフェ仕込み等)
16:00 その他業務があれば、交代で行う
17:00 配送確認・出荷確認
18:50 遅番スタッフへの引継確認・メールチェック
19:15 退社

Q.他社になくて、Flavorにあるものとは?

経歴や期間によるレッテルがあまりなく、社員ひとりひとりの意見に発信力があることだと思います。

入社した当時、代表や本社の違う部署の方とお話をさせていただく機会があったとき、インテリアを何も知らない私の意見にも、耳を傾けてくださったことが、今でもすごく印象に残っています。

Q.将来は、どんなことをしたいですか?

個人的には、人やモノ・できごとについて、じっと考えたり、紹介したりするのが楽しくて好きなので、まず今年(もうすぐ来年?)は、一緒に働くスタッフだったり、この家具には、このアイテムを合わせたらもっと素敵になるかも‥など、Re:CENOの裏側や、ちょこっと情報を発信していけたらなと思っています。


仕事と人を知る
- スタッフインタビュー
- キャリアパスについて