採用サイト トップ > 仕事と人を知る > 東京店店長 山田佳奈

東京店店長 山田佳奈

キャリア

2015年 7月 東京店オープニングスタッフ
アルバイトとして入社
2016年 10月 社員昇格
2017年 7月 副店長 就任
2017年 7月 東京店店長 就任

マガジン:https://www.receno.com/pen/author/やまだ/


Q.入社何年目ですか?

2015年7月の東京店オープンと同時に入社したので、2018年1月現在で2年6か月目を迎えます。

Q.前職は何をされていましたか?

前職は、インナーショップで販売員をしていました。
前々職は、インテリアや雑貨を扱うライフスタイルショップに勤めておりました。
その時は雑貨部門の担当だったので、その経験がディスプレイ作成など、お店作りに役立っています。

Q.入社のきっかけは?

一度違う職種も経験したいと思い、インナーショップへ転職しましたが、 やはりインテリアショップに立ち寄った時のワクワク感に勝るものはなく、 もう一度思い立った時に、タイミングよく東京店オープンの求人広告が目に留まり、応募しました。

Q.入社時のスキルレベルは?

接客の経験は5年ほどありましたが、インテリアの分野はさほど携わった経験がなく、 基本から教えていただきました。

東京店では、カフェスタンドも併設しており、 コーヒーに関する知識や、観葉植物ついてなど、初めて学ぶ分野も多くもありました。 インテリアに興味のある方ならば、関心のある分野だと思うので、楽しんで学んでいけると思います。

また、前職では、在庫管理やメール以外でPCに触れる機会がなかったため、 Photoshopや、3Dコーディネート作成ソフトの操作は、一から教えて頂きました。



Q.入社してから現在まで、どんな仕事を経験しましたか?

店頭での販売がメインとなりますが、そのほかにも

・3Dコーディネート作成
・WEBマガジン投稿
・SNS投稿
・ワークショップ開催

など、様々な業務があります。

WEBマガジン作成やSNS投稿は、デジタル一眼レフカメラを使用して、 自ら企画・撮影・画像補正をして記事を作成します。

こちらも初めての分野でしたが、店舗スタッフとしてはなかなか経験が出来ない事なので、 やりがいのある業務のひとつです。

Q.いままでに印象に残っているできごとは?

店頭で一緒に悩みながらコーディネートを決めて、 実際に出来あがったお部屋を写真で見せて頂ける事があるのですが、 WEB購入とは違い、直接感謝を伝えて頂ける機会が多いので、そういった瞬間が印象に残ります。

一度ご担当したことをきっかけに、

「ここに合うラグマットを敷きたいんだけど...」
「ここにぴったりのサイズの収納ありますか?」 など、

山田さんいますか? と些細な事でも相談に来てくれるお客様がいらっっしゃると、 やっぱり嬉しいですね。

Q.現在の1日の仕事の流れを教えてください。

     
9:40 引継確認・メールチェック
10:00 オープン準備(清掃、植物の水やり等)
11:00 ご連絡が必要なお客様へTEL連絡
12:00 遅番出勤後、朝礼
13:00 お昼休憩
14:00 ルーティーン業務(店内清掃・植物状態チェック・カフェ仕込み等)
16:00 3D作成やWEBマガジン作成などの業務があれば、交代で行う
17:00 配送確認・出荷確認
18:50 遅番スタッフへの引継確認・メールチェック
19:15 退社(接客が続いていたり、必要があれば残業)

お客様がいらっしゃれば、第一優先なので、 業務なしで丸一日接客に当たる場合も多いです。

Q.他社になくて、Flavorにあるものとは?

店舗勤務のスタッフの立場から言うと、仕事の幅の広さです。

先ほどもお伝えしましたが、インテリアや雑貨の販売だけに限らず、 コーヒーの淹れ方や知識・カフェメニューの開発、 小型~大型観葉植物の管理・手入れなど、様々な仕事があります。

現場の意見を大切にしてくれるので 「こんな植物を販売したい!」「こんなメニューはどうかな?」など、 意見を出して反映されることもあります。

また、WEBマガジンやSNSの投稿など、文章を書く機会も多いです。

簡潔に物事を伝えられているか、間違った言い回しをしていないかなど、 細かくチェックが入るので、日々の接客にも役立っていきます。

その他にも、撮影や画像補正など、 Flavorに入社して本当に知識が増えたなぁと感じます。

今後の人生でも役に立つことが、自発的に学べる環境が整っていて、 様々な経験ができています。

Q.将来は、どんなことをしたいですか?

近い目標としては、何か欲しいものが出来た時に、Re:CENO TOKYOにあるかな? とパッと一番に思い浮かぶようなお店になる様、心に残る接客を続けていけたらと思います。